お勧めバレエレッスンCD -海外ピアニスト編ー【Tokonatsu愛用】

piano-1655558_640.jpg

複数回、続けて、
音楽とバレエのことについて
書いてきましたが、
今日は、実際に、
自分がレッスンをしたり、
指導したりするときに使っている
お気に入りのCDを
ご紹介しようと思います

自分が教えている、
14~18歳のクラスで
実際に使用し、
生徒のリアクションが
特によかったものを、
取り上げていきます

私が教えているスタジオは、
プロになる子が多いわけでもなく、
真面目に定期的にレッスンに来て、
楽しく上達しようという感じなので、
正しいメソッドに沿っているかと言われると、
そうではないかもしれません

しかし、生徒の様子を見ながら、
レッスンごとに、
テーマや目標を決めて
教えているので、
私にとって、
レッスン曲選びは、
とても重要なのです



Trip to Italy
[Steven Mitchell]







中~上級クラス向け、全26曲。

バレエレッスンCDには珍しい、
ピアノとバイオリンの演奏です

イタリアというだけあって、
曲調は明るく、親しみやすいものが多く、
拍子も明確で、取りやすいです

曲のテンポも、
さほど速くも遅くもなく、
わかりやすいシンプルな
レッスンをするときに
よく使用しています

このCDでレッスンしてほしいと、
リクエストしてくるほど、
生徒たちは気に入っているようです


CDでも購入可

A Trip to Italy (Melodies of Italy Arranged for Ballet Class)




West End to Broadway Inspirational Ballet Class Music
[David Plumpton]





(「このアルバムはまだリリースされていません」と表示されていますが、
上のボタンからiTunesへ行くと、視聴・購入可能です。)

上級クラス向け、全39曲。

ブロードウェイミュージカルの
楽しい、また、美しい
ナンバーがたくさん入っています。
曲数も多いため、
アンシェヌマンによって、
様々な曲を選ぶことができます

テンポは比較的速めで、
経験者向けのオープンクラス
のような感じです

そのため、
基礎をみっちりというよりは、
とにかく、生徒を動かしたい、
という時に使用しています

とにかく、
David Plumptonさんは、
演奏がお上手!

複雑なリズムや拍子、
メロディー以外の装飾の音も
多く含まれているので、
音の取り方を工夫しながら
レッスンしています



Modern Melodies Inspirational Ballet Class Music
[David Plumpton]





(「このアルバムはまだリリースされていません」と表示されていますが、
上のボタンからiTunesへ行くと、視聴・購入可能です。)

上級クラス向け、全43曲。

アメリカで、有名な
ポップ音楽などが入っていて、
生徒たちがしばし、
歌いだすこともあります
(その場合は、
歌うのではなく、
体で表現して!と
伝えるのですが。笑)

先ほどのCDと
同じピアニストさんなので、
テンポも雰囲気もよく似ています

いつも、
あぁ、この曲いいわ~!
泣けるわ~と思いながら、
レッスンを教えています。(笑)

流れるように、
テンポよくレッスンをしたいときに、
使用します



Modern Ballet Studio Melodies, Vol 2
[Christopher N Hobson]







上級クラス向け、全35曲。

これも、先ほどの2つと、
似た感じのテンポと雰囲気です。
クラッシック、ジャズ、
ポップス、タンゴなど、
様々なジャンルの音楽が含まれていて、
教えている方も楽しくなります

David Plumptonさんの音楽よりも、
拍子がしっかり刻まれたものが、
多い印象を受けます

このCDもたくさん曲数があるので、
これ1つで様々なアンシェヌマンを
組むことができます


CDでも購入可

Modern Ballet Studio Melodies, Vol 2



Ballet Class No. 1
[Karen Maclver]







中~上級クラス向け、全49曲。

フォーレ、ビゼー、ハンデル、
ロッシーニ、モーツァルト、バッハなどの
クラッシックと共に、
Karen Maclver さんオリジナル曲も
含まれた、とても素敵な世界観のCDです

特に、私が気に入っている点は、
カウント1からメロディーが始まらない、
ロッシーニのセビリアの理髪師の
イントロダクション、
そして、
珍しい8分の9拍子の
デュカスの魔法使いの弟子が
(ディズニー映画
「ファンタジア」で有名な曲)
収録されているところです

生徒たちのミュージカリティーに
働きかけたいときに、
少し変わった音の取り方で、
アンシェヌマンを組んだりします


CDでも購入可

Karen MacIver Ballet Class No. 1



Music for Ballet Class
[Rob Thaller]






中~上級クラス向け、全51曲。

これは、生徒たちが、
様々な音楽様式に
触れることができるように、
大変よく、
選曲されたCDだと思います

バロックダンスの
メヌエット、ガボット、サラバンド。
そして、
イタリアのタランテラ、ハンガリーのチャルダッシュ、
ポーランドのマズルカとポロネーズ。
さらには、
アメリカのラグ、ジャズ、ブルースまで

以前の記事にも書きましたが、
ナンシー・キルゴール先生が
おっしゃったように、
様々な音楽に触れさせることも、
教師の使命であるのなら、
まさに、このCDは最適です

曲調自体は、
メロディーのはっきりした、
音の取りやすい曲が多く、
テンポも普通なので、
中級者でも、
みっちり基礎を指導する
レッスンにも、
使いやすいと思います


CDでも購入可

Music for Ballet Class


Jazz Music for Ballet Class
[Rob Thaller]






中~上級クラス向け、全46曲。

先ほどと同じピアニストさんで、
ジャズを基調とした、
落ち着いた曲が収録されています

比較的、音のとりやすい曲が多いですが、
クラッシックではあまりない、
ベースのリズムがきいていたりするので、
いつもクラッシック音楽ばかりで
レッスンをしている場合、
少し戸惑う生徒たちもいるかもしれません。

私は、土曜日の朝のクラスや、
気持ちをリフレッシュして、
落ち着いてレッスンをしたいときに、
よく使用しています


CDでも購入可

Jazz Music for Ballet Class


最後に


いかがでしたか?

普段使用してるレッスンCDは、
まだまだたくさんあるのですが、
今日はこれぐらいにしておきます

もちろん、
日本のピアニストさんのCDも、
たくさん持っているので、
またの機会にご紹介しようと思います

皆さんも、
オススメのレッスンCDが
ございましたら、
是非教えてくださいね


ダンス・バレエランキング
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村



この記事へのコメント