簡単!足裏の横のアーチを助けるテーピング方法!【Tokonatsuオススメ】


今回は、私が実際によくしていた、
テーピングの方法をシェアしますね


私は、股関節が開かなかったため、
膝下で無理やりターンアウトして、
床との摩擦を利用して、
必死で、180度の一番をして、
長年レッスンをしていました


そうすると、
足裏の縦のアーチ(土踏まず)が、
前に倒れて
危険だっただけではなく、
横のアーチまでも、
なくなってしまったことがあり、
それが次第に悪化し、
最終的には、足裏の、
親指の付け根辺りにある、
豆のような形をした、
種子骨を骨折してしまい、
それを取り除く手術を
しなければなりませんでした



そんな当時、
足裏の横のアーチを保つ感覚を、
上手くつかめなかった際に、
よく利用していたテーピングを
ご紹介します


足裏の横のアーチは、
中足骨の疲労骨折の予防にも、
とても重要な役割を
果たしています


それでは、まず、
テーピングを切るところから、
始めましょう


①テーピングを足の第1指と
第2指の間辺りに合わせ(赤)、
足の裏を通り、
足の外側辺りで切ります(緑)。
IMG_3950.JPG

②片方の端を、角を取るように、
丸く切ります(赤)。
IMG_3949.JPG

③テーピングを
5分の1辺りで折り曲げ(ピンク)、
小さな半円を描くように切って、
穴を開ける(緑)。
IMG_3951.JPG

③先ほど、角を取っていない方の端に、
2つ切込みを入れます(赤)。
IMG_3952.JPG

④そして、3つに分かれた先の、
それぞれの角を丸く切ります(ピンク)。
IMG_3953.JPG



これで、テープの準備は完了
(ちなみに、角を丸く切るのは、
剥げれにくくするためです。)



貼り付け方は。。。

①外反母趾で、
でっぱる骨に、
先ほどあけた穴を
合わせて貼ります。
IMG_3944.JPG

②少し引っ張りながら、
足の裏を横断させます。
(あまり引っ張ると、
踊るときに違和感があるので、
ほんの少しで大丈夫です。)

③3つに分かれた先を、
それぞれ少しずつ離して、
貼り付けます。
IMG_3943.JPG


私は、これをしてバーレッスンをすると、
立っているときはもちろん、
背伸びをしたときの足の裏や、
足首の感覚がぐっと変わり、
手術後も、問題なく、
復帰することができました
(あくまでも、私の体験談で、
個人差はあります。)





しかし、テーピングを、
毎日、使用すると、
知らず知らずのうちに、
結構なお値段になんてことも


そんな悩みを解消してくれる、
Tokonatsuオススメの
業務用サイズのテーピング


その長さ、なんと31.5mで、
お値段、破格の1460円です

激安なのに、
厚みのある丈夫な
綿布素材が使用されていて、
強めの粘着力で、
しっかりサポート



(クリックすると詳細が表示されます。)


これだけの量があると、
剥がれても、つけなおし放題

さらには、結構な長さを要する、
腰やふくらはぎのテーピングにも、
惜しげもなく使用できますね



キネシオテープは、
関節の動きを、正しい方向へ
導くのを助けるだけでなく、
血行を促したりもするので、
長時間のリハーサル時の、
怪我の予防にも最適です



ダンス・バレエランキング
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

この記事へのコメント